Indispensable Umbllera

BLUNT

気づきと築き

Bluntの生みの親であるグレイグ・ブレブナーは、ある日、風によってひっくり返った人々の傘の先が彼の眼を突きそうになる体験をしました。この出来事に問題を感じたグレイグは自宅のキッチンで接着剤と凧の材料を手にBluntの原型となる傘の製作にかかりました。

秒速30mの風に耐える構造

Bluntの強さはその独自の構造から生み出される、傘生地の張力です。デザインの段階から全モデルに風洞テストを行い、さらに自然風でもテストを行って傘の耐風性能を確認しています。その強さは、秒速30メートルの風にも耐えるものです。

安全で人を傷つけない

通常の傘と異なり、Bluntの露先は、まるい構造で、さらに傘生地の中に収納されています。混雑する街の中で使用しても、人の目を突き刺したり傷つけることのないかたちです。

機能的で新しい傘のかたち

風に負けない強い傘であるために、Bluntは傘生地の張力に注目しました。傘をひらく動作とそこで使われる力を無駄なく張力に変換するために、まったく新しい傘骨の構造を開発しました。それが、放射張力システム(Radial Tensioning System – RTS™)です。

Indispensable Umbllera
BLUNT
使い捨て傘から必要不可欠な傘へ。ニュージーランド発の「BLUNT」は既存の傘のすべてを見直して丈夫で安全で使いやすい傘をつくり出しました。

Products Information